リフォーム依頼先探しサイト −住宅リフォームの施工実例や会社情報が検索できる−

 

Goodリフォーム.jpトップ >> リフォーム実例から探す >> 埼玉のリフォーム実例 >> Yamada House 〜自然素材の空感浴〜(株式会社山田ハウス)

 
Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

     
 
 
 
電話0037-61914-503無料
 
     
 
会社のデータ
 
対応エリア

埼玉埼玉(詳細はお問い合わせください)

 
一戸建て・マンション比率
     
    金額帯比率
       
      施工箇所比率

        会社概要 >> 施工実例一覧 >> 実例情報(埼玉県北本市Kさん)

         
        建物種類アイコン一戸建て複合リフォーム

        埼玉県北本市Kさん 

        家族構成築年数30年
        間取り Before: その他 → After: その他費用550万円
        目的自然素材、デザイン重視
        リフォーム箇所リビング&ダイニング、洗面、バルコニー・エクステリア

        こだわりの建具と自然素材が醸し出す、心安らぐ和の空間 

        リフォーム施工実例メイン写真

         

        退職後、自宅で過ごす時間が増えたKさん。使っていなかった2階の和室を、これからの生活を楽しむ場所として有効利用したいとリフォームを決意されました。和の雰囲気を活かした洋室にしたいというご希望により、引戸や収納扉など、建具はすべて和のテイスト溢れる格子を使ったデザインに。また、北側の畑から吹く北風が強く、冬の寒さが厳しいという立地条件であったため、内壁と天井のすべてに断熱材を入れ、サッシは複層ガラスにするなど、寒さ対策もバッチリ。床は檜の無垢材、壁と天井は珪藻土の塗り壁と、自然素材をたっぷり使った心地よい部屋で「これからは趣味の書を楽しみたいですね」とKさんも大変満足されています。 

         

        【フォトギャラリー】  クリックすると写真が拡大されます。

         
        リフォームフォトギャラリー写真1   リフォームフォトギャラリー写真2   リフォームフォトギャラリー写真3   リフォームフォトギャラリー写真4   リフォームフォトギャラリー写真5   リフォームフォトギャラリー写真6
         

        リフォームの目的

        リフォーム目的アイコン1 

        リフォーム目的写真1

        それぞれの木材の特徴を活かした使い方で、自然素材のよさをさらに引き出す 

        娘さんに珪藻土を勧められたこともあり、自然素材を使いたいというのがKさんのご希望でした。そこで、壁と天井にはもちろん珪藻土を。壁一面の建具には杉を、建具とのメリハリを出すために、床材は明るい色合いの檜を使用。それぞれ蜜蝋を塗り、木目をさらに美しく見えるよう工夫しました。檜は「埼玉の家には埼玉の木を」という思いから、埼玉県産の西川材を使っています。マツの太鼓梁は、最初はその大きさに驚いていたというKさんですが、しっくり部屋に馴染み、今ではとても気に入っていらっしゃるそうです。 

        リフォーム目的アイコン2 

        リフォーム目的写真2

        使いやすさも重視しつつ、和の温もりを感じさせるこだわりの建具 

        細かな格子の建具は、Kさんの「格子を使った和風のテイストで」というイメージを、山田ハウスがカタチにしたもの。収納部分は開口部を大きく取ることができる3枚扉に。すべて木材を使っているので重くならないよう上半分のみ格子柄にしました。部屋を仕切る引戸は、全面を格子にしてガラスを組み込むことで光を通し、部屋を明るくしています。廊下と部屋を仕切る引戸のガラス部分は、一部をすりガラスではなく透明にすることで、廊下から部屋の中を確認できるように。生活する上での使いやすさにもこだわりました。 

         

        リフォームのポイント

         

        冬になると家の北側の畑から吹く北風が強く、寒さが厳しいのが悩みでした。また、南側の隣家に日差しを遮られ、1階が暗かったので、2階は明るい部屋にしたいと思っていました。 

        →

        北風の冷たさは経験済み。寒さ対策を徹底し、明るさと温かさを追求しました 

        実は、以前Kさんのお宅の近所に住んでいたことがあり、冬の北風の寒さは私も実感していました。そこで、風が吹き付ける北側の壁だけでなく、建物全体の壁と天井をグラスウールの断熱材ですっぽりと包むことに。サッシもすべて複層ガラスに変え、断熱性と気密性を上げました。また、南側の隣家によって日差しが遮られていたので、サッシを高さのあるものに変えて採光を確保。床材も明るく、温かみのある色合いの檜を選び、和室と洋室を仕切るふすまは光を通すガラスの建具にするなど、明るさにもこだわりました。 

        リフォーム後写真

        代表取締役/山田一洋 

        会社を選んだポイント

        リフォーム会社を選んだポイント写真

        「Goodリフォーム」を見て、数社に資料請求をしたところ、一番最初に送ってくれたのが山田ハウスさんだったのです。真摯な姿勢を感じました。また、建具のデザインも具体的にイラストにして見せてくれたりと、こちらの要望や希望をきちんと汲み取った提案に、信頼してお任せできると感じました。 

        リフォーム箇所ごとの詳細

        リフォーム箇所詳細アイコン1 
        リフォーム箇所詳細写真1

        建具は杉、床材には埼玉県産「西川材」の檜を使用。希望の間取りを実現するために柱を一本撤去したが、10年間寝かせて充分に乾燥させたマツの太鼓梁を入れることで、構造上の強度の問題を解決。梁を入れるために天井を高くしたことにより、収納スペースも大きくなった。天井と壁の珪藻土はそれぞれ塗り方を変えるなど、こまかな部分にもこだわっている 

        リフォーム箇所詳細アイコン2 
        リフォーム箇所詳細写真2

        二間続きの和室の一部屋を洋室に。和室と洋室の間を仕切っているのは、ガラスを入れた格子の建具。光を通すので、閉めても部屋の明るさが保たれる。引戸を開けると、二部屋を続けて広々と使うことができる 

        リフォーム箇所詳細アイコン3 
        リフォーム箇所詳細写真3

        建具職人の匠の技が存分に活かされた杉の建具。蜜蝋を塗り、木目をより美しく見せている。3枚扉の引戸はKさんの希望。開けた時に一枚にまとめられるので、開口部を広く取ることができ、出し入れがラクにできる。「誰かに自慢したいくらい、素晴らしい仕上がりです」と、山田社長。もちろん、Kさんも大満足だ 

        リフォーム箇所詳細アイコン4 
        リフォーム箇所詳細写真4

        入り口の引戸も、格子柄の杉の建具。全面すりガラスだが、ドアを開けなくても廊下から部屋の中を確認できるように、ちょうど人が立った目線の部分だけを透明なガラスにしている 

        リフォーム箇所詳細アイコン5 
        リフォーム箇所詳細写真5

        廊下の一角に設置された洗面台。檜の一枚板に、Kさんが大変気に入って購入されたという陶器の洗面ボールを組み合わせてデザインした。壁は西川材の檜を使用。天然塗料のリボスを塗って仕上げている 

        リフォーム箇所詳細アイコン6 
        リフォーム箇所詳細写真6

        階段を上がった2階の廊下部分。リフォーム前は、引戸の隣の壁部分も廊下として使っていた。廊下の内壁にはすべてグラスウールの断熱材を入れ、仕上げは珪藻土を使用している 

        リフォーム費用

        工期45日間リフォーム面積34平米
        費用概算

        総額 550万円

         
             
         
        このリフォーム実例が気になった方は、「カタログ請求」「お問合わせ・お見積もり」ボタンからご連絡ください
         

        対応エリア:埼玉埼玉(詳細はお問い合わせください)

         
         
         
        資料請求のメリット
実例が掲載されているカタログが手元にあると、家族と相談する時に便利です
会社の体制や独自のサービス、アフターケアなどが分かります
         
             
         
             
         
        この会社の情報をもっと見る
        施工実例25件)
         
             
         

        【表示価格について】

        表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。

         
         

        リフォーム会社データ

        会社名

        Yamada House 〜自然素材の空感浴〜(株式会社山田ハウス)

        住所

        〒333-0801 埼玉県川口市東川口1-14-14 堂元ビル1F

        電話番号 048-291-6881
         0037-61914-503 (通話料無料 問い合わせ専用ダイヤル)
        FAX番号 048-291-6883
        定休日 年末年始
        対応エリア 埼玉埼玉(詳細はお問い合わせください)
        会社概要データ

        [営業時間] 09:00〜19:00

        [交通] 埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩1分、JR東川口駅より徒歩1分

        [設立] 2002年8月

        [資本金] 1000万円

        [従業員数] 6名

        その他のデータ

        [保険] 賠償責任保険 最長10年保証

        [提携ローン] 有り

        [加盟団体] OZONE 良質リフォームの会 http://www.ozone.co.jp/ 特定非営利活動法人 木の家だいすきの会 http://www.kinoie.org/ 埼玉県住まいづくり協議会 http://www.sahn.jp/index.html

        [資格保有者] 一級建築士

        [建設業許可番号] 埼玉県知事許可(般-16)第59595号

        [その他許認可] YamadaHouseでは、資料請求をいただいたお客様に自然素材の良さを感じるノベルティのお渡しをしております。数に限りがございますので、お早めにお求めください。

         
        この会社のカタログ
         
        リフォーム会社のカタログ1

        空感浴

        「空感浴」をコンセプトに自然素材のリフォームを提供する同社の会社案内。いちおしの事例がまるでフォトブ・・・
        詳しく見る

         
        Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

        Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

             
         
         
         
        電話0037-61914-503無料
         
             

         0000010403

         
         

        似た条件の実例を見る

        物件種別
        一戸建て
        費用
        500〜700万円
        リフォーム箇所
        リビング・ダイニング洗面所
        リフォーム目的
        自然素材デザイン重視
         

        この実例のキーワード

        開口部階段確認グラスウール珪藻土構造採光自然素材建具断熱断熱材天井複層ガラスリフォームリボス廊下