リフォーム依頼先探しサイト −住宅リフォームの施工実例や会社情報が検索できる−

 

Goodリフォーム.jpトップ >> リフォーム実例から探す >> 東京のリフォーム実例 >> Yamada House 〜自然素材の空感浴〜(株式会社山田ハウス)

 
Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

     
 
 
 
電話0037-61914-503無料
 
     
 
会社のデータ
 
対応エリア

埼玉埼玉(詳細はお問い合わせください)

 
一戸建て・マンション比率
     
    金額帯比率
       
      施工箇所比率

        会社概要 >> 施工実例一覧 >> 実例情報(東京都Oさん)

         
        建物種類アイコンマンション複合リフォーム

        東京都Oさん 

        家族構成夫婦+子供2人+犬1匹築年数17年
        間取り Before: 2LDK → After: 1LDK費用1300万円
        目的自然素材、デザイン重視、間取り変更・スケルトン
        リフォーム箇所リビング&ダイニング、キッチン、浴室・バス、トイレ、洗面、洋室、玄関、その他

        自然素材に包まれた、光と風が通る心地よい空間。家族が集う明るいリビングが実現 

        リフォーム施工実例メイン写真

         

        家族みんながとても仲のよいOさんご一家。家族がいつも集まるリビングを広々と居心地よくしたいと考えました。そこで、リビング、キッチン、子供部屋の間仕切りをなくし、1LDKに間取りを変更。南北に窓があるため、リビングには常に光と風が通ります。無垢材や珪藻土などの自然素材もふんだんに使用。明るく心地よい空間となりました。また、自然のぬくもりを大切に暮らしたいというシンプルなライフスタイルを尊重し、Oさんが窯元まで行き注文したという信楽焼の浴槽や、味わいに惹かれて友人から譲り受けた木の枝などを積極的に取り入れてプランニング。住む人のこだわりがたっぷり詰まった居心地のよい空間が実現しました。 

         

        【フォトギャラリー】  クリックすると写真が拡大されます。

         
        リフォームフォトギャラリー写真1   リフォームフォトギャラリー写真2   リフォームフォトギャラリー写真3   リフォームフォトギャラリー写真4   リフォームフォトギャラリー写真5   リフォームフォトギャラリー写真6
         

        間取り

        リフォーム前間取り→リフォーム後間取り

        2LDK

        1LDK

        リフォームの目的

        リフォーム目的アイコン1 

        リフォーム目的写真1

        用途に応じて適材適所に用いた無垢材と珪藻土が、快適な空間を演出 

        自然素材の特性を大切にしている同社は、さまざまな無垢材を適材適所に使用します。例えば、太鼓梁は数年かけてじっくりと乾燥させた存在感あるマツ。床は埼玉県の西川材(杉)。造作キッチンや洗面カウンターは水に強いタモ。くつろぎのスペースである南側リビングの床は、夏はさらさら、冬は温かな桐など。建具には、枠にヒバ、中の板に杉を使用し、無垢材の微妙な表情の違いを見て楽しめる工夫も。珪藻土の壁と調和し、心地よい自然素材空間を演出しています。 

        リフォーム目的アイコン2 

        リフォーム目的写真2

        施主支給品と自然素材の組み合わせによって、理想のイメージを超える 

        自然素材でのシンプルなデザインと、お気に入りの品々の有効利用がご希望だったOさん。数年前から大切に保管していたという味わい深い木の枝は、杉材で作った食器棚の落下防止枠やトイレのタオル掛け、収納扉の取っ手などに利用して手づくり感あるテイストに。信楽焼の質感はタモ材のカウンターに乗せるなど、自然素材と組み合わせてデザイン。また、職人もOさんの好みをしっかりと把握し、施工中も細かな部分のデザインやアレンジを自ら提案することも。プロの目線によるプラスαの提案で、Oさんの想像を超えたデザインを実現しました。 

         

        リフォームのポイント

         

        部屋が細かく仕切られていたために、壁に囲まれたキッチンが昼間も電気を付けなければならないほど暗いのが不満でした。また、窓からの眺めがよく、夏は涼しく過ごせる北側の子供部屋をまったく使っていなかったので、有効利用したいと考えていました。 

        リフォーム前写真1
        リフォーム前写真2
        リフォーム前写真3
        リフォーム前写真4
        →

        使い勝手を考えたデザインを追求しました 

        自然素材のぬくもりを感じさせながら、使いやすさにも配慮したデザインにこだわりました。たとえば、キッチンに取り付けた竹には切り込みを入れ、計量カップやスプーンなどの調理器具を収納できるように。また、浴室は信楽焼の浴槽を中心に、使いやすい蛇口のデザインや位置を何度も検討。それに合わせて洗い場の蛇口も変更するなど、徹底的にこだわりました。壁、天井、浴槽などが一体となっているユニットバスを入れない浴室のリフォームだったため、防水工事は特に力を入れました。 

        リフォーム後写真

        代表取締役/山田一洋 

        会社を選んだポイント

        リフォーム会社を選んだポイント写真

        自然素材のリフォーム会社に数社問い合わせをしましたが、希望を受け入れてもらえなかったり、高額な見積りを提示されたりしました。山田ハウスさんだけは最初に予算を聞いた上で、どのようにして予算内で希望を実現できるか親身になって考えてくれたんです。施工中に仮住まいを提供してもらえるというのも魅力でした。 

        リフォーム箇所ごとの詳細

        リフォーム箇所詳細アイコン1 
        リフォーム箇所詳細写真1

        存在感のあるマツの太鼓梁を2本入れたリビング。天井を10センチほど上げることで圧迫感を解消している。アイランド型キッチンは水に強いタモ材で造作したオリジナル。間仕切りを取った広々とした空間の中央に据えられた。左手の引戸はヒバ材の枠に凹凸のあるガラスを入れることで目隠ししながら光を通す効果が。床は埼玉県産の西川材(杉)の無垢材。天井と壁は珪藻土仕上げ 

        リフォーム箇所詳細アイコン2 
        リフォーム箇所詳細写真2

        ほとんど使っていなかった北側の子供部屋をリビングに。キッチンで料理をしながら、北側の窓から見える牡丹桜、藤棚、紫陽花などの季節の花々を楽しむことができる。右奥に見える収納扉の取っ手には木の枝を利用。左奥のベンチはタモ材。ベンチ下は収納になっている 

        リフォーム箇所詳細アイコン3 
        リフォーム箇所詳細写真3

        キッチンをはさんだリビング南側の小上がりは、昼は家族のくつろぎのスペース、夜はみんなで布団を並べて寝るスペースとして活用。そこで、床材には冬はじんわりと温かで夏はさらさら冷たい桐を採用。段差部分は引き出し式の収納となっている。右手の収納棚は杉材で造作。雛人形を飾るスペースが欲しいということで、下部分を空けたデザインにしている 

        リフォーム箇所詳細アイコン4 
        リフォーム箇所詳細写真4

        「家族や友人とおしゃべりしながら料理をしたい」という希望により、アイランド型のキッチンをリビングの中央に配置。シンクとコンロを並行に配した二列型キッチンは、水に強いタモ材で造作。大きさ、高さなど、Oさんが使いやすいよう設計した。3年寝かせて乾燥させた竹は切り込みを入れて調理器具入れに利用。食器の落下防止にOさん提供の木の枝を使った個性的な食器棚は杉材 

        リフォーム箇所詳細アイコン5 
        リフォーム箇所詳細写真5

        トイレの壁は、消臭・調湿効果のある珪藻土仕上げ。タモの無垢材を削り出したカウンターには、Oさんが窯元でデザインをオーダーした信楽焼の手洗いボウルを。掃除機を収納する場所がないという問題を解決するため、トイレの中に背の高い収納棚を用意 

        リフォーム箇所詳細アイコン6 
        リフォーム箇所詳細写真6

        硯調のタイルと檜張りの壁が、老舗旅館の部屋風呂のような趣きのある佇まいを見せる浴室。浴槽は信楽焼の窯元へOさん自身が出向いて色や形をオーダーしたこだわりの逸品。浴槽前の足台は、リビングに使った太鼓梁の切り落とした残りの部分を活用 

        リフォーム費用

        工期約4ヶ月間リフォーム面積79.2平米
        費用概算
        解体工事350,000電気・設備工事945,000
        大工工事3,700,000造作家具2,550,000
        建具工事1,750,000左官・塗装工事1,050,000
        タイル工事500,000住宅設備機器856,000
        雑工事679,952消費税619,048

        総額 1300万円

         
             
         
        このリフォーム実例が気になった方は、「カタログ請求」「お問合わせ・お見積もり」ボタンからご連絡ください
         

        対応エリア:埼玉埼玉(詳細はお問い合わせください)

         
         
         
        資料請求のメリット
実例が掲載されているカタログが手元にあると、家族と相談する時に便利です
会社の体制や独自のサービス、アフターケアなどが分かります
         
             
         
             
         
        この会社の情報をもっと見る
        施工実例25件)
         
             
         

        【表示価格について】

        表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。

         
         

        リフォーム会社データ

        会社名

        Yamada House 〜自然素材の空感浴〜(株式会社山田ハウス)

        住所

        〒333-0801 埼玉県川口市東川口1-14-14 堂元ビル1F

        電話番号 048-291-6881
         0037-61914-503 (通話料無料 問い合わせ専用ダイヤル)
        FAX番号 048-291-6883
        定休日 年末年始
        対応エリア 埼玉埼玉(詳細はお問い合わせください)
        会社概要データ

        [営業時間] 09:00〜19:00

        [交通] 埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩1分、JR東川口駅より徒歩1分

        [設立] 2002年8月

        [資本金] 1000万円

        [従業員数] 6名

        その他のデータ

        [保険] 賠償責任保険 最長10年保証

        [提携ローン] 有り

        [加盟団体] OZONE 良質リフォームの会 http://www.ozone.co.jp/ 特定非営利活動法人 木の家だいすきの会 http://www.kinoie.org/ 埼玉県住まいづくり協議会 http://www.sahn.jp/index.html

        [資格保有者] 一級建築士

        [建設業許可番号] 埼玉県知事許可(般-16)第59595号

        [その他許認可] YamadaHouseでは、資料請求をいただいたお客様に自然素材の良さを感じるノベルティのお渡しをしております。数に限りがございますので、お早めにお求めください。

         
        この会社のカタログ
         
        リフォーム会社のカタログ1

        空感浴

        「空感浴」をコンセプトに自然素材のリフォームを提供する同社の会社案内。いちおしの事例がまるでフォトブ・・・
        詳しく見る

         
        Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

        Yamada House 〜自然素材の空感浴〜

             
         
         
         
        電話0037-61914-503無料
         
             

         0000010257

         
         

        似た条件の実例を見る

        物件種別
        マンション
        費用
        1000〜1500万円
        リフォーム箇所
        リビング・ダイニングキッチントイレ浴室・バス
        リフォーム目的
        自然素材デザイン重視
         

        この実例のキーワード

        キッチン珪藻土自然素材シンク施主支給建具タモ天井防水工ユニットバスリフォーム