リフォーム依頼先探しサイト −住宅リフォームの施工実例や会社情報が検索できる−

 

Goodリフォーム.jpトップ >> リフォーム実例から探す >> 茨城のリフォーム実例 >> 藏持(藏持)

 
藏持

藏持

     
 
 
 
     
 
会社のデータ
 
対応エリア

茨城茨城県全域に対応、埼玉県、千葉県は一部地域を除きます

会社概要 >> 施工実例一覧 >> 実例情報(茨城県 Uさん)

 
建物種類アイコン一戸建て複合リフォーム

茨城県 Uさん 

家族構成夫婦+子ども1人築年数130年
間取り Before: その他 →  After: その他費用3080万円
 
目的定年、家の老朽化、間取り変更・スケルトン
リフォーム箇所LDK、浴室・バス、トイレ、洗面所、収納、寝室、和室、玄関、外壁・屋根、子ども部屋、書斎、洋室、廊下
 
Before築130年の母屋。耐震性や断熱性、暮らしに合わない間取りに不満
After

代々受け継ぐ住まいの面影を残しつつ、安心・快適に暮らす住まいを実現 

 
リフォーム施工実例メイン写真

 

 

定年を迎え、ゆったりと家で過ごす時間が増えたUさん。これまで増築した離れで暮らしていたが、母屋に住み替えることに。3人家族で暮らすには母屋だけでは部屋数が足りず、昔ながらのふた間続きの和室など、暮らしに合わない間取りをどうにかして明るい住まいにしたいと思っていた。また、母屋は築130年という歳月を経て老朽化が進み、耐震性・断熱性にも不満が。そこで骨組みだけを残してスケルトン工事を行い、間取りを再構成。土台や柱・梁を補強し、耐震壁を設置。窓は全面的にアルミサッシに変更および断熱材の投入で快適性をアップ。再利用できる建具や欄間を取り入れて、以前の住まいの面影を残しつつ明るく心地よい住空間を実現した。 

 

【フォトギャラリー】  クリックすると写真が拡大されます。

 
リフォームフォトギャラリー写真1   リフォームフォトギャラリー写真2   リフォームフォトギャラリー写真3   リフォームフォトギャラリー写真4   リフォームフォトギャラリー写真5
 

リフォームの目的

リフォーム目的アイコン1 

リフォーム目的写真1

定年を機に離れから母屋へ。明るく暮らしやすい住まいでゆったりとした時間を 

リノベーション前は離れで生活されていたが、ご主人の定年に伴い母屋での暮らしに切り替えるにあたり、空間の使い方に変化が。また、以前はガラス戸に曇りガラスが使われていたため、常に家の中全体が暗く、明かりに乏しい点を改善したいとお考えだった。さらに断熱性能を向上し、快適に暮らせるようになった。 

リフォーム目的アイコン2 

リフォーム目的写真2

130年もの歳月を経た構造を補強。屋根や内装の傷みも全面的に改修して安心の家に 

130年もの間受け継がれ、かなり老朽化が進んでいたため、スケルトン工事による土台や柱、梁の補強に加え、屋根や床、壁、天井の改修工事も必要だった。また、重い瓦葺の屋根を金属瓦に葺き替えて軽量化を図り、さらに耐震壁を新たに設置することで地震の揺れを軽減させ、安心して暮らせる住まいになった。 

リフォーム目的アイコン3 

リフォーム目的写真3

母屋と離れをうまく活用して、3人の家族がそれぞれ居心地良く過ごせる間取りに 

総床面積は3人で暮らすには広すぎるほどだったが、独立したダイニングキッチンや昔ながらのふた間続きの和室など、暮らしに合わない間取りが不満。そこで柱の位置は変えずに間取りを再構成して無駄なく空間を使うこと、また、母屋と離れのつなぎ目の段差をスロープにすることで、よりストレスのない暮らしを追求している。 

 

リフォームのポイント

築130年の母屋と増築した離れをうまく活用して安心・快適・明るい住まいにしたい 

「代々受け継いできた築130年の住まいを建て替えではなく、リフォームで今の家族が心地よく安心して暮らせるように」ということがご相談の大前提でした。土台や構造、内装はかなり老朽化が進んでおり、昔ながらの間取りはご家族の暮らしに合わないものでした。また、家全体が暗いという点も大きな不満となっていました。 

→

まさに古民家再生のリノベーションでご家族の希望を叶え、不安や不満のない住まいに 

築130年ともなれば、土台や柱などから傷みがあるため、骨組みだけを残すスケルトン工事を実施しました。必要な部分を補強し、耐震壁を新設。さらに屋根は瓦から軽い金属瓦に葺き替えています。また壁のみならず屋根にも断熱を施し、アルミサッシの採用で断熱性を高めています。間取りは母屋と離れをどう使うかから検討。空間を無駄なく使い、暮らしやすい間取りに。曇りガラスを透明ガラスに変え、トップライトの新設で明るさも確保しました。既存の建具や欄間を再利用し、昔の面影を残しながら快適に暮らせる住まいになりました。 

 

会社を選んだポイント

リフォームにあたり、大手を含めて何社か検討しました。その中から藏持さんを選んだのは、数寄屋造りができる知識と技術を持ちつつ現代にマッチしたデザイン力があること、納得のいく価格、今後のこともお任せできる地元の安心感です。以前の家より格段に明るく、隙間風もない快適な住まいに大満足しています。 

リフォーム箇所ごとの詳細

リフォーム箇所詳細アイコン1 
リフォーム箇所詳細写真1

リビングはふた間続きの和室のひとつを洋室に。床はウォールナットの無垢に張り替え、既存の梁の色に合わせて塗装をしている。壁は漆喰、天井は梁を現した吹き抜けに。欄間のガラスを透明にして光を採り込み、壁を白くすることで光が反射し、より明るい空間となるよう工夫している 

リフォーム箇所詳細アイコン2 
リフォーム箇所詳細写真2

閉鎖感の強かった独立型のキッチンを対面式に変更。普段はダイニング・キッチンとリビングの間の仕切り戸を開け放ち、大空間のLDKとして明るい開放的な空間を創出している 

リフォーム箇所詳細アイコン3 
リフォーム箇所詳細写真3

屋根は陶器瓦を金属瓦に葺き替え、地震に対して揺れを軽減できるように軽量化を図っている。外壁は傷んでいる部分の漆喰の塗り直しと羽目板の張替えを行い、日本家屋ならではの趣ある佇まいがより美しく生まれ変わった 

リフォーム箇所詳細アイコン4 
リフォーム箇所詳細写真4

居室と居室の間にあるため窓が取れずに暗くなっていた廊下は、上部にトップライトを新しく設け、天井には障子をはめ込んで古民家の情緒を感じさせる明り取りに 

リフォーム箇所詳細アイコン5 
リフォーム箇所詳細写真5

家の顔となる玄関の床は御影石に張り替え、高級感・重厚感が漂う空間に。天井は小屋裏の梁が見えるように吹き抜けにして、トップライトを設置。天井部分に障子を取り付け、優しい自然光に包まれるように 

新しくした設備
キッチン TOTO
浴室 TOTO
洗面 TOTO
トイレ TOTO

リフォーム費用

工期240日リフォーム面積205.29平米
費用概算
仮設・解体工事4,200,000基礎・木工事8,000,000
屋根・外壁工事7,000,000内装・建具工事4,600,000
電気・給排水工事2,000,000住宅設備機器5,000,000

総額 3080万円

 
     
 
このリフォーム実例が気になった方は、「カタログ請求」「お問合わせ・お見積もり」ボタンからご連絡ください
 

対応エリア:茨城茨城県全域に対応、埼玉県、千葉県は一部地域を除きます

 
 
 
資料請求のメリット
実例が掲載されているカタログが手元にあると、家族と相談する時に便利です
会社の体制や独自のサービス、アフターケアなどが分かります
 
     
 
     
 
この会社の情報をもっと見る
施工実例1件)
 
     
 

【表示価格について】

表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。

 
 

リフォーム会社データ

会社名

藏持(藏持)

住所

〒300-1234 茨城県牛久市中央5-13-15

電話番号 029-878-3966
FAX番号 029-878-3967
定休日 水曜日・第1第3火曜日
対応エリア 茨城茨城県全域に対応、埼玉県、千葉県は一部地域を除きます
会社概要データ

[支店・営業所] つくば展示場、牛久展示場

[営業時間] 10:00〜18:00

[設立] 2003年6月

[資本金] 1000万円

[従業員数] 36名

その他のデータ

[保険] 建築工事保険(ハウスプラス住宅保証株式会社)

[提携ローン] 無し

[加盟団体] 一般社団法人JBN、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会

[資格保有者] 一級建築士6名、二級建築士8名、インテリアプランナー1名 

[建設業許可番号] 茨城県知事許可(般-24) 第31996号

 
この会社のカタログ
 
リフォーム会社のカタログ1

CONCEPT BOOK

アプローチ、ガーデン、リビング、キッチンなど、空間ごとのコンセプトと、同社が大切にしている、敷地・素・・・
詳しく見る

 
藏持

藏持

     
 
 
 
     

 0000364930

 
 

似た条件の実例を見る

物件種別
一戸建て
費用
2000万円以上
リフォーム箇所
リビング・ダイニングキッチン外壁・屋根廊下玄関
リフォーム目的
定年家の老朽化間取り変更・スケルトン