リフォーム依頼先探しサイト −住宅リフォームの施工実例や会社情報が検索できる−

 

Goodリフォーム.jpトップ >> リフォーム実例から探す >> 神奈川のリフォーム実例 >> JS Reform(日本総合住生活)(日本総合住生活株式会社)

 
JS Reform(日本総合住生活)

JS Reform(日本総合住生活)

     
 
 
 
電話0037-61807-280無料
 
     
 
会社のデータ
 
対応エリア

東京、大阪(一部地域を除く)

会社概要 >> 施工実例一覧 >> 実例情報(神奈川県 Oさん)

 
建物種類アイコンマンション複合リフォーム

神奈川県 Oさん 

家族構成夫婦築年数46年
間取り Before: 3LDK →  After: 3LDK費用900万円
 
目的間取り変更・スケルトン、家の老朽化、バリアフリー
リフォーム箇所リビング・ダイニング、キッチン、洋室、和室、バス・浴室、洗面、トイレ、寝室、玄関、収納など
 
Before段差も多く手狭な動線に、身体にかかる負担が大きかった
After

「気持ちが前向きになる」開放的なLDKと、安心バリアフリー設計 

 
リフォーム施工実例メイン写真

 

 

築46年のマンションに暮らすOさんご夫婦。お身体を悪くされたご主人が生活しやすいように、大規模リフォームを決心しました。ご希望は、身体の負担が少ない間取りと動線、キッチンとLDの閉塞感を解消すること。まず、リビング隣の和室を洋室に変えて、フラットにつながる空間に。引き戸を開ければ、開放感が広がります。また、壁付だった台所を移動して、念願の対面キッチンを実現。壁面に収納を集約して、視線を遮る吊戸棚を撤去。「キッチンの開放感は段違い!」と奥様。さらに、洗面・バス・トイレの広さを確保し、段差も解消。安心のバリアフリー設計となりました。「家が快適になると『明日も頑張ろう!』と、気持ちも前向きになります」 

 

【フォトギャラリー】  クリックすると写真が拡大されます。

 
リフォームフォトギャラリー写真1   リフォームフォトギャラリー写真2   リフォームフォトギャラリー写真3   リフォームフォトギャラリー写真4   リフォームフォトギャラリー写真5   リフォームフォトギャラリー写真6
 

間取り

リフォーム前間取り→リフォーム後間取り

Before3LDK

After3LDK

リフォームの目的

リフォーム目的アイコン1 
リフォーム目的写真1ビフォー
→
リフォーム目的写真1アフター

隣接する洋室とフラットにつながる、オープンなLDKが誕生 

LDに隣接していた和室は、フラットにつながる洋室へ変更。3枚の引き戸を開ければ、ひと続きの空間が誕生します。さらに、和室にあった押入れは、しまう物や量に合わせたクロゼットに変更。奥側にある浴室と脱衣所の広さを確保するため、奥行と幅を削りましたが、使う分の収納計画をして、十分な収納量を確保しています。 

Before

LDKは襖で和室と区切られ、手狭な印象だった 

After

襖を引き戸に変えて、洋室とひとつながりになる開放的なLDKに 

リフォーム目的アイコン2 
リフォーム目的写真2ビフォー
→
リフォーム目的写真2アフター

壁付だったキッチンを移動して対面式に。吊戸棚もなくし「開放感が違います」 

「カウンターには吊戸棚があり、視界が塞がれ、熱もこもりがちでした」という、閉鎖的だった壁付キッチン。そこで、キッチンの向きを変えて、オープンタイプに変更。壁面に大容量収納を集めることで、吊戸棚を撤去。「視界がリビングまで抜けるので開放的!窓の外まで眺めながら、気持ちよく料理ができます」 

Before

壁付だったキッチンは、吊戸棚もあり閉鎖的だった 

After

キッチンの向きを変え対面式に。吊戸棚もなくして、視界が広がる 

リフォーム目的アイコン3 
リフォーム目的写真3ビフォー
→
リフォーム目的写真3アフター

水まわりの間取りを見直し、動きやすい広さを確保。段差も解消し、バリアフリー設計に 

以前の洗面スペースは洗濯機が幅をとり手狭。また、バランス釜だった浴槽は深さもあり、身体への負担が大きかったそうです。そこで、反対側の洋室の収納の配置を工夫し、脱衣スペースを拡大。浴室も使いやすいシステムバスに。さらに、簡単に開け閉めできる上吊式の引き戸に変更し、段差もなくスムーズに出入りできます。 

Before

洗面室は手狭で、段差もあった 

After

洗面スペースを広げ、段差もなくして格段に動きやすくなった 

 

リフォームのポイント

廊下や洗面室が狭く、段差も多かったため、身体の負担が大きかった住まい 

長年住み慣れた家でこれからも快適に過ごせるように、バリアフリーリフォームを決めたOさん。以前は廊下が狭く、扉もほとんどが開き戸だったため、室内の移動に不便を感じていたそうです。また、水まわりを中心に修繕をしていましたが、部分的に行っていたため、ちぐはぐな印象になっていました。 

リフォーム前写真1
リフォーム前写真2
リフォーム前写真3
リフォーム前写真4
→

安心のバリアフリー設計と、気持ちを晴れやかにする「トータルコーディネート」 

まず、廊下の幅を90センチから、ゆとりをもたせて105センチに拡大。その上で、扉はすべて引き戸に変更。特によく使う水まわりは、開口部を大きくとることができる2連引き戸の上吊式に。床の段差もなくなり、スムーズな行き来が可能になりました。さらに、スケルトンリフォームで古くなった給排水管から水まわり設備まで一新するとともに、インテリアもトータルにコーディネート。一部の壁に差し色を使い、毎日の暮らしにアクセントを持たせています。 

リフォーム後写真

プランナー/栄木 雪美さん 

会社を選んだポイント

リフォーム会社を選んだポイント写真

スケジュールに余裕がなかったのですが、そんな中でも着実な工事をしてくれる会社を選びたいとJSさんに相談。URとの連携など、集合住宅のリフォームの実績が決め手でした。担当の栄木さんは、私達の事情を汲んだ上で、管理組合への申請などにも対応してくれる。親身な姿勢に、お願いして本当に良かったと思っています。 

リフォーム箇所ごとの詳細

リフォーム箇所詳細アイコン1 
リフォーム箇所詳細写真1

リビング隣の和室を洋室に変更。引き戸を開ければ、ひとつながりの開放感が生まれる

和室を洋室に変えて、床をリビングとつなげてフラットに。引き戸を開けると、開放的なLDKになる。壁面の一部を淡いブルーにして、遊び心をもたせた 

費用:

60万円(こちらは概算の費用です)

新しくした設備:

建具・床

詳しい施工内容:

和室の洋室化、建具の取替

リフォーム箇所詳細アイコン2 
リフォーム箇所詳細写真2

壁付キッチンを対面式に。視線を遮る吊戸棚をなくし、「気持ちよく料理ができます!」

閉鎖的だった壁付キッチンの向きを変えて、オープンタイプに変更。壁面に収納を集約することで、吊戸棚を撤去。一層の開放感に「毎日の料理が楽しくなりました!」 

費用:

140万円(こちらは概算の費用です)

新しくした設備:

キッチン、カップボード

詳しい施工内容:

対面キッチン化、カウンター設置、カップボード設置

リフォーム箇所詳細アイコン3 
リフォーム箇所詳細写真3

広い開口部がとれる、上吊式の2連引き戸に変更。段差をなくして、身体の負担を軽減

トイレの向きを変えて、スムーズに出入りできる広さを確保。さらに、上吊式の2連引き戸に変更し、段差をなくしたバリアフリー設計に 

費用:

30万円(こちらは概算の費用です)

新しくした設備:

トイレ、独立手洗い、手すりの設置

詳しい施工内容:

トイレ位置変更、2連引き戸設置、ニッチ新設

リフォーム箇所詳細アイコン4 
リフォーム箇所詳細写真4

備蓄品もたっぷり収納でき、造作棚で日用品の出し入れも簡単なWICが誕生

納戸のスペースを広げて、両脇に収納棚を造作。備蓄品だけでなく、掃除機などの日用品の出し入れがしやすいWICとなった 

費用:

12万円(こちらは概算の費用です)

詳しい施工内容:

可動棚収納新設

リフォーム箇所詳細アイコン5 
リフォーム箇所詳細写真5

最小限の奥行で、大容量の収納スペースを新設。3枚扉で出し入れも簡単に

収納がなく置き家具で補っていた洋室には、最小限の奥行で、大容量のクローゼットを新設。荷物の取り出しやすさを考えて3枚扉にした 

費用:

12万円(こちらは概算の費用です)

詳しい施工内容:

クロゼットと押入れの造作

リフォーム箇所詳細アイコン6 
リフォーム箇所詳細写真6

廊下の幅を広げて、身支度が簡単なゆとりある広さに。大容量収納でいつも片付く玄関

廊下の幅を約15センチ広げることで、玄関もゆとりある広さに。左右に手すりも設けて、玄関での身支度も簡単に。天井まである大容量のシューズボックスを設け、整理整頓もはかどる 

費用:

20万円(こちらは概算の費用です)

新しくした設備:

シューズボックス

詳しい施工内容:

壁位置の変更、シューズボックスの設置

新しくした設備
システムキッチン/トクラス(Berry)
トイレ/TOTO(QR)
洗面台/TOTO(リモデア)
バスルーム/TOTO(WG)
建具/DAIKEN(ハピアベイシス)

リフォーム費用

工期60日リフォーム面積70平米
費用概算
定額制スケルトンリフォーム標準工事費6,600,000オプション工事費・諸経費2,400,000

総額 900万円

 
     
 
このリフォーム実例が気になった方は、「カタログ請求」「お問合わせ・お見積もり」ボタンからご連絡ください
 

対応エリア:東京、大阪(一部地域を除く)

 
 
 
資料請求のメリット
実例が掲載されているカタログが手元にあると、家族と相談する時に便利です
会社の体制や独自のサービス、アフターケアなどが分かります
 
     
 
     
 
この会社の情報をもっと見る
施工実例30件)
 
     
 

【表示価格について】

表示されている価格帯および本体価格は施工当時のもので、現在の価格とは異なる場合があります。

 
 

リフォーム会社データ

会社名

JS Reform(日本総合住生活)(日本総合住生活株式会社)

住所

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-9

電話番号 0120-746-123
 0037-61807-280 (通話料無料 問い合わせ専用ダイヤル)
FAX番号 03-3291-0730
定休日 日曜・祝日
対応エリア 東京、大阪(一部地域を除く)
会社概要データ

[支店・営業所] 全国で30拠点を展開

[営業時間] リフォームセンター9:00〜17:25(月〜土)

[交通] JR神田駅西口下車徒歩10分、地下鉄千代田線新お茶の水駅下車徒歩5分、地下鉄丸の内線淡路町駅下車徒歩6分、地下鉄新宿線小川町駅下車徒歩6分

[設立] 1961年6月

[資本金] 300億円

[従業員数] 1674名

その他のデータ

[提携ローン] 有り

[加盟団体] 一般社団法人マンション管理業協会、一般財団法人マンションリフォーム推進協議会(REPCO)

[資格保有者] 一級・二級建築士、一級・二級建築施工管理技士、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、マンションリフォームマネージャー、福祉住環境コーディネーターなど多数在籍

[建設業許可番号] 国土交通大臣許可(特-26)第3115号

[その他許認可] 一級建築士事務所登録番号:東京都知事登録第5094号他、宅建業免許:国土交通大臣(9)第3358号 マンション管理業:国土交通大臣(4)第031376号

 
この会社のカタログ
 
リフォーム会社のカタログ1

暮らしをデザインしたリフォーム実例 Vol.4

「暮らしをデザインしたリフォーム実例」の最新版Vol.4が完成しました。子どもを見守りやすい対面式キッチ・・・
詳しく見る

 
リフォーム会社のカタログ2

〜22の実践アイデア〜 収納アイデア手帳

モノを上手に整理してスッキリ暮らすコツを詳しく紹介する、「収納アイデア手帳」が完成しました。子育て家・・・
詳しく見る

 
リフォーム会社のカタログ3

暮らしをデザインしたリフォーム実例 Vol.3

子どもを見守りやすい対面式キッチン、家族が自然とリビングに集まる間取りの工夫など、子育て家族を中心と・・・
詳しく見る

 
JS Reform(日本総合住生活)

JS Reform(日本総合住生活)

     
 
 
 
電話0037-61807-280無料
 
     

 0000405257

 
 

似た条件の実例を見る

物件種別
マンション
費用
700〜1000万円
リフォーム箇所
リビング・ダイニングキッチントイレ収納洋室玄関
リフォーム目的
間取り変更・スケルトン家の老朽化バリアフリー