Goodリフォーム.jpトップ >>  リフォームお役立ち情報 >>  リフォーム基礎知識 >>  二世帯リフォーム 親世代&子世代のホンネ105 >>  リフォームのきっかけ

 
リフォームお役立ち情報
コンテンツ
 
 
 
 
 
 
 
無料 リフォーム会社に問い合わせ
検討者必見! 二世帯リフォーム 親世代&子世代のホンネ105

二世帯同居にはメリットもデメリットもあるというけど、実際に住んだことのない人にはどうもピンときません。 それなら二世帯リフォームを行い同居している人に聞いちゃって、親、子両世代105名のホンネから、二世帯リフォームのポイントを学びましょう。

アドバイスをいただいた方
Yuuさん
Yuuさん
「一級建築士事務所 Office Yuu」代表。個人宅のリフォームのほか、企業のビジネスサポートや雑誌やテレビ、講演等を通してのリフォームアドバイスなどを行う。近著に「リフォームを頼む前に読む本」がある

リフォームのきっかけは誰にでもあり得ること

 二世帯住宅にリフォームというとちょっと特別に聞こえるかもしれません。でも右のグラフを見ても分かるように、3割以上の人が、親が高齢になったり、介護が必要になったりしたことがリフォームのきっかけになっています。これって他人事じゃないですよね。もちろん、光熱費などを抑える経済的な理由もあれば、子供(孫)誕生がきっかけという人もいます。でも、いざ自分がと考えると、意外と何を情報源にしていいか分からないという人も多いのでは。親世代は、そして子世代は何を考えているのか。それぞれの意見を聞けば、メリットやデメリットがより分かるというものです。二世帯住宅にリフォームした105人に聞いて分かったホンネ。ちょっと覗いてみませんか。

Q. 二世帯リフォームするきっかけは何ですか?(複数回答)

二世帯リフォームするきっかけ

Q. どんなタイプの二世帯住宅にリフォームしたのですか?

どんなタイプの二世帯住宅にリフォームしたのか

完全分離型 一部共有型 完全共有型

共有スペースを全く作らずに、完全にプライバシーを尊重できる住環境です。マンションの隣同士と考えればわかりやすいでしょう。親世帯・子世帯それぞれの生活を尊重しながらも、近くに住むことができます。光熱費も別々の場合が多いようです。

基本的には分離しているのですが、住宅の一部を共有しているタイプです。共有部分で多いのは水回りや玄関、リビングなど。生活時間やスタイルが違うと、どちらがどの時間に使うのか?光熱費はどうするかなどの問題がでることもあります。

寝室などのプライベートルーム以外は全て共有しています。二世帯リフォームの中では最も費用も安く、手軽にリフォームできるタイプ。しかし、プライバシーやパーソナルスペースの確保の問題などで、ストレスが溜まり、トラブルになることもあります。

調査属性

条件:二世帯住宅にリフォームした20歳以上の男女

回答人数:105人

実施方法:インターネットによるアンケート

構成・文/コージー林田 イラストレーション/小迎裕美子